不眠の原因を招く姿勢に要注意!血行不良が原因で熟睡できなくなる?

不眠の原因を招く姿勢に要注意!血行不良が原因で熟睡できなくなる?

質問

仕事でパソコンの前で長時間作業をしているため、姿勢が悪くなってしまいました。おかげで体中が痛くでなかなか寝付けないことがあります。熟睡するには姿勢を正すということは大切でしょうか?

 

回答

自分の姿勢というのはなかなか自分自身では意識していないかた多いかと思います。とくに仕事が忙しく、デスクワークが長時間続き不自然な姿勢のままであると、身体のゆがみが生じる恐れがあります。

 

このゆがみによって、頚椎、背骨、筋肉、骨盤に負担をかけてしまうことになり、血行不良の原因となり、最終的には不眠症に陥ります。さらにこれだけに留まらず、眼精疲労、肩こり、腰痛、頭痛、歯の痛みなどの疾患も、身体のゆがみが原因であることが非常に多いです。

 

ですので普段気をつけなければならないことは歩行の時には、背筋を伸ばし、視線はやや遠くを意識し、できるだけ大またの歩幅で歩くように心がけましょう。

 

また靴はヒールの高さは常に一定にして、足に負担を掛けないようにしましょう。椅子に座る場合は、あぐらをかいたり、足を組まないように注意し、できるだけ身体の左右のバランスを保つように意識しましょう。姿勢を正すだけでも、意識が変化し、ライフスタイルが改善します。