早寝早起きは年齢を重ねるごとに自然に実践できるようになる理由

早寝早起きは年齢を重ねるごとに自然に実践できるようになる理由

質問

早寝早起きが苦手なのですが、根性が無い証拠でしょうか?

 

回答

年齢を重ねると、身体のさまざまな部位に変化が起こり、これが原因で睡眠の時間というのも変化が起こります。人間は年代に応じて平均睡眠時間というのが異なっています。

 

・3歳以下=18時間
・4歳=12時間
・10歳=9時間
・20歳=8時間

 

さらに年齢を重ねると、6時間程度まで短縮され、眠りが浅くなったと感じることも多いかと思います。もしかするとぐっすり眠れていないことが心配になって熟睡するにはどうすればよいか悩んでいる方もいるかもしれません。

 

このように年齢を重ねる毎に短時間睡眠になると同時に夜型から朝方の生活リズムに変化をするという傾向にあります。これは夜型の生活リズムでは身体に負担がかかることに耐えられなくなることが理由です。

 

本来、人間は朝早く起床するというが自然なリズムですので、若いうちは無理な生活をすることに耐えられても次第に自然な生活リズムに戻っていくと考えると、ごく自然であると言えます。