睡眠も運動も疲労回復に重要な役目を果たしています。

睡眠も運動も疲労回復に重要な役目を果たしています。

質問

疲れを感じたとき、必ずしも睡眠を取るだけでは疲れが取れないという印象を受け、むしろ体を動かしたほうが疲れが取れることもあります。これは何故ですか?

 

回答

心身ともに疲れたという場合、休養をとって体を元の状態に戻そうと検討すると思いますが、その時の休養の方法というのは大きく分けて2種類に大別できます。

 

体を安静にする

一つ目の休養の方法は、体を安静にするという方法です。のんびりとゴロゴロ過ごしたりすることによって肉体的な疲労を解消をすることができます。つまり肉体的な疲労がある場合、熟睡するにはどうすればよいかを検討すればよいということです。

 

体を動かす

二つ目の休養の方法は、体を動かすという方法です。一見体を動かすのは疲労を促進すると思われるかもしれませんが、精神的な疲労を解消するためには体を動かすことが重要です。

 

体を動かすことによって筋肉に酸素を送り込み血液循環を良くし、疲労物質である乳酸を除去することができます。体を動かす方法というのはさまざまあって、散歩、スポーツ、音楽など何でも構いません。

 

体を動かしているうちにリラックスできるようになれば十分です。是非この2種類の休養を使い分けるようにしましょう。