居眠りは疲労回復に大きな効果を発揮する理由

居眠りは疲労回復に大きな効果を発揮する理由

質問

仕事中に睡魔に襲われることがあるのですが居眠りはできません。ただ我慢していると仕事に集中できないので居眠りをしてでも仕事の集中力をアップさせたほうがよいのではという疑問を抱いています。居眠りはすべきでしょうか?

 

回答

睡眠時間は一日8時間が理想という話をおそらく聞いたことがあるかとおもいますが、その反面一日3時間程度の短時間睡眠で健康をキープしている人たちがいるというのも事実です。

 

なぜこれほどまでの短時間睡眠で健康をキープできるのかというと、居眠りによってカバーしているからです。実は、居眠りというのは疲労回復に大きな効果があり、居眠りをすることによって頭の回転が速くなり、作業効率が急上昇するという効果があります。

 

ですので一日3時間しか睡眠をとっていないとしても、居眠りを何度か実践することによって疲労回復ができれば健康体をキープすることが十分に可能です。

 

ただ居眠りというのは20分程度に留めるようにする必要があります。なぜならこれ以上の時間居眠りすると、深い眠りにはいってしまい、起きるのが辛くなり、さらに夜眠れなくなるからです。なんとなく体が疲れて仕事の効率が下がったと思った場合は、空き時間を上手く使って居眠りをすることをお勧めします。