不眠症の原因となる時差ボケの解消方法を解説

不眠症の原因となる時差ボケの解消方法を解説

質問

海外旅行に行くと時差ボケが原因で不眠症に陥ります。どうやって解消すればよいでしょうか?

 

回答

旅行や出張に行く人でよく見受けられるのが時差ボケです。この時差ボケは体内時計と現地時計との間にズレが生じることが原因で発生します。とくに重度な睡魔に襲われ、作業効率の悪化、食欲減退、胃腸障害、眼精疲労などで悩まされることになります。この時差ボケをいかにして解消して熟睡するにはどうすべきかについて解説します。

 

出発前

出発前には、十分に休養と睡眠をとっておくことが大切です。日本より東側にある国に行く東方飛行の場合は、数日前から早寝早起きをするようにしましょう。一方西側いある国に行く西方飛行の場合は、遅寝遅起をするようにしましょう。

 

機内

到着地の時間に時計を合わせるようにすることが大切です。

 

到着後

現地時刻に合わせて行動するようにしましょう。東方飛行の場合は、夜日本を出発した場合は現地に到着すると朝ですが、ここは無理をして起きているようにしましょう。逆に西方飛行の場合は、到着したら、休息を取るようにしましょう。