睡眠の質を上げるためには日光浴によるメラトニンの生成がカギです。

睡眠の質を上げるためには日光浴によるメラトニンの生成がカギです。

質問

心配ごとが多く寝付けない日が続き、熟睡するにはどうすればよいか頭を悩ませています。睡眠の質を上げたいのですがどんな工夫が必要ですか?

 

回答

日光浴というのは睡眠の質に大きく影響しています。なぜなら日光には睡眠ホルモンであるメラトニンを生成しているからです。このメラトニンは睡眠サイクルをキープするために体内時計を調節する機能があります。

 

ですので外で日光を浴びながら体を動かした日というのは、気分よく熟睡できる可能性が高いと言われています。この反面、部屋の中に閉じこもって生活をすると日光を浴びることができないため、メラトニンが生成されず、眠気があまり生じなくなるのです。

 

特に日光浴の時間帯が重要で、午前中から正午がメラトニンの生成が活発になります。しかもメラトニンは熟睡の効果だけでなく、体の酸化防止、抗がん効果、時差ボケ解消などにも効果がありますので、熟睡するには毎日できるだけ日光浴をするように心がけましょう。