熟睡する為に誰でも簡単にできる心身ともにリラックスする6つの方法

熟睡する為に誰でも簡単に実践できる心身ともにリラックスする6つの方法

質問

心配事や不安があると夜寝付けないことが多いです。心身ともにリラックスして熟睡するには日常生活でどんなことに注意すべきでしょうか?

 

回答

多くの人が仕事、人間関係、学業などで悩みがあり、なかなかリラックスできない状況にあるかと思います。就寝前というのは一日の出来事が頭のなかをよぎる時間でもあるので、とくに嫌な出来事があった場合はなかなか寝付けなくなる恐れがあります。

 

例えば、仕事で失敗した、ある人物と喧嘩をした、など嫌な記憶が蘇ってくるとこれがストレスとなり不眠に陥ります。しかし誰でも一日の疲れを忘れて、簡単に心身ともにリラックスできる方法があるので紹介します。就寝前に是非とも実践してみてください。

 

入浴

入浴といのは非常に健康を促進するための効果が期待できます。入浴により新陳代謝が活発化され、緊張がほぐれ、血管が拡張されれば血流の改善や発汗することができ、冷え性防止、老廃物の排出の効果があります。

 

入浴の効果を最大限にするためには、温度はややぬる目の38度程度のお湯に20分浸かるというのが理想です。また入浴には半身浴と全身浴の2種類がありますが全身浴は心臓や肺に負担がかかるので、できればみぞおちから下だけお湯に浸かる半身浴をするようにしましょう。

 

ちなみに冬場になると脱衣所と浴槽の温度差が激しいので、心臓への負担がかかってしまうため、脱衣所は暖房などで温めておくことをお勧めします。さらに眠気というのは、体温がさがる時に起こるため、就寝の2時間くらい前に入浴するというのが良いでしょう。

 

ガスの元栓を締める

ガスの元栓を閉め忘れて、万が一ガス漏れがあったらどうしようという不安があると熟睡できません。ですのでガスの元栓を締めることによってこの不安から開放されることができます。

 

歯を磨く

虫歯というのは睡眠中に加速するので、就寝前の歯磨きは重要です。さらに一日の終了の合図として歯を磨きをすると、後は寝るだけという安心感が持てるようになります。

 

自己催眠

明日の朝は気分よく目覚めますようにと自己暗示をするという行為です。毎日就寝前に呪文のように唱えるだけでも体内時計のアラームがセットされ、快眠ができるようになります。

 

水やハーブティーを飲む

人間は睡眠中汗をかきます。そのため就寝前に水をコップ一杯程度飲んでおくと脱水症状を防止することができます。またリラックス効果のあるハーブティーを飲むというのも良いでしょう。

 

アロマ

香りの効果というのは予想以上に効果があり、医療現場でも良く利用されているのがアロマです。アロマテラピーというのは、植物から抽出した精油を使って、その成分を呼吸を通じて身体に取り込む方法です。

 

特に人間の香りに対する嗅覚というのは、非常に優れていて、味覚の1万倍の感度を保有しているといわれているため、香りの大脳への効果というのは非常に大きいのです。ちなみにエジプトの美女のクレオパトラは、熟睡するために寝室や浴槽にはバラを敷き詰めていたといわれています。

 

アロマにも種類がたくさんあるのですがとくに熟睡効果のあるアロマはラベンダー、ゼラニウム、ネロリ、ローズ、スイートオレンジです。特に夏のような蚊やハエが繁殖して睡眠を妨害されることが多いという人は、ラベンダーがお勧めです。ラベンダーにはこれらの害虫を寄せ付けない臭いの効果があるため、夏場こそ大きな力を発揮してくれます。