睡眠時間と成長ホルモンの関係を解説。シワの本数に影響します。

睡眠時間と成長ホルモンの関係を解説。シワの本数に影響します。

人間には成長ホルモンというのが分泌されています。一体どのような機能があるかというと、以下のようなものがあります。

 

・皮膚細胞の増殖及びシワの減少
・免疫力向上
・体脂肪減少
・骨組織の成長

 

すなわち質の良い睡眠により、成長ホルモンが多く分泌され心身ともに健康になり、アンチエイジングができるという仕組みになっています。ちなみにシワで悩むという症状は、皮膚細胞に含まれる水分量が減少するからであり、成長ホルモンの分泌によってこの水分の潤いを取り戻してくれるのです。

 

よく睡眠不足によって肌荒れがおきたり、吹き出物ができるなどの症状で悩まされることがありますが、いくらスキンケア商品や化粧品を使用しても、睡眠がうまくとれていない場合は効果がありません。ですので熟睡するにはどうすればよいか追求することはアンチエイジングに大切になってきます。

 

ちなみに女性というのは生理前に眠くなるという傾向にあるのは事実です。なぜこのようなことが起こるかというと、睡眠とホルモンの周期が密接に関わっているからです。

 

また男性と女性との間でも睡眠の質が大きく異なります。男性の場合は、ホルモン分泌に周期というのが存在せず、睡眠への影響というのは存在しません。これに対して、女性は、初潮を迎える時期になると睡眠の質に変化が生じます。

 

月経が終了してから排卵までの時期は、活動が活発化して眠気はあまりなく、短時間睡眠で済む傾向にあります。しかし排卵から次の月経が終わるまでの期間は、体がけだるかったり、強い睡魔に襲われるなどの現象が発生します。月経前症候群つまりPMSもこの時期に発生することが多いです。