短時間睡眠と長時間睡眠の人は性格の違いが原因

短時間睡眠と長時間睡眠の人は性格の違いが原因

人それぞれ睡眠時間というのが異なっているというのが一般的ですが、大きく2つに分けると睡眠時間9時間以上の長時間睡眠の人、睡眠時間6時間未満の短時間睡眠の人に分けられます。このように2つに大別できる理由は、ある精神医学者の実験によって性格診断を下したことによります。

 

短時間睡眠の人の性格は野心的、精力的な活動をするタイプの性格で、勤勉、多忙、果敢で、ビジネスで成功するタイプです。一方長時間睡眠の人は、悲観的、ネガティブ、批判的なものの見方をするというタイプです。

 

また短時間睡眠の人は朝方、長時間睡眠の人は夜型という違いもみられます。これは結局のところ意識の高さに違いがあるといえるので、たとえ今長時間睡眠の性格であったとしても、今日から早起きしようと強く願えば短時間睡眠の生活に変えることも十分可能です。

 

すなわち熟睡するにはどうすればよいかを検討すれば短時間睡眠のライフスタイルであっても日常生活に支障をきたさないということです。