運動の仕方によっては睡眠の品質を低下させるリスク

運動の仕方によっては睡眠の品質を低下させるリスク

質問

運動は健康に良いといわれているので頑張って運動をしているのですが興奮して逆に寝付けないことがあります。熟睡するにはどんな運動が望ましいでしょうか?

 

回答

運動は昔から健康に良いといわれています。運動不足になると、ある程度の年齢に到達すると足腰が衰退するスピードが加速し、体力減退、内臓の疾患を引き起こす恐れがあります。

 

このように運動というのは健康に良いとされているのですが、運動の仕方によっては健康を害することもあります。もっとも良い運動の仕方というのは、いつでもどこでも実践可能で、身体に負担を掛けない運動です。ウォーキングがその典型例です。

 

一方悪い運動の仕方というのは、過度な運動です。例えば体力に自信があるという理由で、体を酷使するレベルまで運動を繰り返すというケースもあります。この場合、交感神経が高まりすぎて逆に興奮状態が続き眠れないという状態に陥ります。ですので、運動をするといっても適度な運動をするというのがもっとも無難な方法です。